2018年  きずな部門  受賞作品

富士山賞・人物

「高い山ほど絶景が待ってるから」髙木沙都実さん

髙木さんのコメント:天候も良く、最高のご来光を見る事が出来て、疲れも忘れるくらい幸せでした!まさにタイトルの歌詞通りの絶景!本当に頑張って良かった~

審査員・大木:画面の構図にも無駄がなく、キッチリまとまった作品。山頂で最高のご来光、富士登山の醍醐味がここにあり!

富士山吉田口旅館組合賞

「霧の中のご来光」東義夫さん

東さんのコメント:霧の中のご来光も幻想的ですばらしい。

審査員・渡邊:逆光に浮かび上がる様々なポーズをした人物のシルエットに想像力を掻き立てられ、しばらく眺めていても飽きない一枚です。色のグラデーションも素直に美しいと思いました。

富士山吉田口環境保全推進協議会賞

「夕焼け」吉田真弓さん

吉田さんのコメント:富士山はご来光だけでなく、太陽が沈みゆく夕焼けも素晴らしいですね。

審査員・野川:富士山の静かな時間を雲海をバックに撮影した美しい1枚です。対象との距離を保ちつつも、親密さを感じられます。この登山者は一体何を想っているのでしょうか。想像をかきたてられる1枚です。

チャムス賞

「家族三世代」高橋美幸さん

高橋さんのコメント:下は6歳から、上は70歳まで。家族みんなで登頂成功しました。

審査員・チャムス:親子三世代で登頂成功おめでとうございます!家族全員の結束力と大きな目標を達成した、みなさんの笑顔がすばらしい作品でした。これからも、登山やキャンプでご家族で楽しんでくださいね!

グッドスマイル賞

「念願の!!!」松尾将志さん

松尾さんのコメント:4回目にして初登頂です!3回とも2人とも高山病にかかり、途中で下山していました。泊まる宿、登るペースなど試行錯誤してようやく高山病にならずに頂上まで登ることができ、感無量です!

審査員・WHYTROPHY:澄み渡った空にキラキラした陽射し。達成感に満ちた笑顔が素敵です!

「男女8人夏物語!」渡辺信明さん

渡辺さんのコメント:会社の有志[8人]で、無事登頂! 全員登頂を目指して旅のしおりを作り、準備万全。ゆとりを持ったタイムスケジュールも組んで、8合 富士山ホテルまでの登り 8h、8合目から頂上まで 4h、お鉢巡り 2h、下り 4~5h。写真を見て分かるように、誰一人 体調を崩す事なく 只々 楽しい富士登山になりました。また、来年もこの地に立ちたいと思います。

審査員・大木:まさに「絆」にふさわしい写真。ありきたりな山頂写真のようでいて、グループが奇麗な円となり、大変まとまったインパクトのある写真になっている。撮った方、お見事!

「すっかり元気になった!」葛原正博さん

葛原さんのコメント:2017年に娘と富士山を登頂したので、今回は息子とも一緒に登りたいと思っていました。前日は、雨と強風で何度も登頂を諦めようと思っていましたが、下山時には息子はすっかり元気になっており、普段ケンカばかりしてる姉弟だけど、この日は仲良く下山していたので大変であったが、子供達と登頂できたのは、何よりもの思い出です。

審査員・野川:ハニカミ笑顔と、おどけた姿に温かな気持ちになりました。大きくなって、この写真を見たときにどんな富士山の景色を二人は思い出すのでしょうね。

審査員特別賞

「がんばるぞ!」高橋庸介さん

審査員・大木:子供は高山病になりやすく、大人よりもハードルが高くなります。支えつつ、応援しつつ、親子で頑張っている姿、身内に見せる自然な笑顔に「絆」を感じました。

木村史崇さん

木村さんのコメント:大雨や霧で大変でしたが、幻想的でした。

審査員・野川:富士山は靄や霧に包まれている時も美しいですよね。どこか別の世界へと続くトンネルのように見えました。何気ない登山中の風景ですが、しっかりと被写体を見ていたからこそ撮影できた1枚です。

「御来光」青木紗子さん

青木さんのコメント:初めての富士山登山で見た御来光!感動して撮った瞬間です!!

審査員・渡邊:見た瞬間に、あたかも自分がそこに立っているかような感覚になり幸福な気持ちになりました。「写真の力」を改めて感じさせてくれた一枚です。

「あの山へ….」高橋光宏さん

高橋さんのコメント:総勢9名の家族旅行で富士山へ。経験者は今年70歳の母のみ。5合目駐車場に到着し、あらためて富士山を目の前に….

審査員・WHYTROPHY:これが富士山? 頂上は意外と近いのかも? いつもと違う風景が新鮮で、とても気になった一枚です。

歴代受賞作品