高山病について

高山病(低酸素症)のしくみ

富士山に限らず、山を登っていくと高度が上昇するにつれて大気圧が下がり、同じ体積の空気に含まれる酸素の量が少なくなります。海抜0メートル地点と比較すると、標高2400メートル(五合目と同じくらい)で4分の3、標高3000メートル(八合目)で3分の2まで酸素が減少します。

大気中の酸素が減ると、体内でヘモグロビンと結びつく酸素の量も減り体中が低酸素状態になるので、呼吸器官系統に限らずいろいろな部位に症状が出て来ます。これら症状をまとめて高山病(低酸素症)と呼んでいます。続けて4~5000メートルまで高度を上げていく海外登山であればほとんどの人が高山病の症状を発症します。

高所で低酸素状態に体が反応し出す3000mを超えるあたりを境に高山病を体験する方が多いのですが、富士山(標高:3776m)ではそれ以上高く登ったり、高所に居続ける事がないので、重症化する事がほとんどありません。

高山病の症状

高山病は大気圧の低下と低酸素状態によっておこります。若くて体力があって登山経験が豊富でもかかるので用心してください。高齢者や体力のない人、登山経験の少ない人は特に、登山からくる疲労と高山病の症状が重なるので認識しづらく、旅行疲れや風邪かと思って無理をしてしまいがちです。二日酔いにも似ているので「山酔い」とも呼ばれる以下の症状は、体が低酸素状態に自然と反応して起こるものなので多くの人が体験します。

・頭痛(頭が重い、鈍痛、頭を振ると痛い)
・食欲不振、吐き気がある、嘔吐
・顔・手・足がむくむ
・睡眠不足(寝つけない、熟睡しない)
・倦怠感または虚脱感

高山病用の薬はありませんし、山小屋や診療所でも用意はありません。高度が原因なので「それ以上高度を上げない」そして「下山する」のが一番の解決策です。高度を下げると症状は無くなりますが、気分が良くなったからといってすぐに登り返したりしないでください。

登山前に準備できること

ゆっくりとした行程を組む
高山病の症状は、登った高さとどれくらいの時間をかけて高度をかせいだかによって重症度が変化します。山頂までの行程はなるべく時間をかけ、また登山を開始するまでに疲労がたまらないよう、少なくとも寝不足にならないような行程を考えましょう。

持病のある方は主治医に相談する
呼吸系や血液・循環系のほか持病をお持ちの方は、まず主治医と相談してください。止められるからと内緒で行くよりは、どんな事が起こる可能性があるのか聞いておいて準備をしたほうが、登山中の不安やストレスを減らせます。
同行するメンバー全員で行程を把握する
グループに不調なメンバーがでた場合には、必ず誰かが一緒について下山してください。事前にメンバー全員が、コースや旅程、連絡先などを理解して、隊を分けても心配が少ないようにしておくと「不調を訴えたら全員に迷惑がかかる」と無理をしないですみます。
いろいろなおやつを用意しよう
食欲不振になったり、吐き気を覚えて吐いてしまったりすると、水分も糖分も失われて下山するのも辛くなります。登山の途中でも食べやすい形状のもの、水分を含んでいるもの、エネルギーになる甘いもの、疲労回復に効く塩気のあるものなど、様々な種類を用意して食べられる時にちょくちょく食べられるようにしておきましょう。

登山中にできること

五合目でゆっくり時間をすごす
バスや車でスバルライン五合目に来た場合は、短時間で標高2400mまで高度をかせいでいます。登山の準備をして神社にお参りをしたりして、1時間ほどゆっくりすごしてから出発すると少しは体が慣れます。
ゆっくりとしたペースで登る
予約した山小屋の夕飯に間に合えばいいや位の気持ちでゆっくり登り、なるべく時間をかけて高度を上げて行きましょう。自分の足のサイズ程度の歩幅でゆっくり登り、息があがらないで歩けるペースを見つけましょう。30分~40分歩いたら必ず休憩を取るなどして、疲れ方に関係なく休んで意識的に時間を稼ぎましょう。
水分を多くとり、トイレに行く
富士山は乾燥している上、回数の増えた呼吸から水分が失われがちです。リュックから水を取り出したりトイレに行くのがおっくうですが、少なくても1日に1リットルは飲みきるようにしてください。のどの渇きを覚える前に、そして休憩のたびに水分補給を行って脱水症状になるのを防ぎましょう。
腹式呼吸でゆっくり息を吐く
低酸素状態では呼吸が浅くなり、回数が増えます。より多くの酸素を取り込むためには、腹式呼吸で深く息をする事が大事です。最初は歩きながら行うのは難しいので、休憩のたびに練習してみましょう。ゆーっくりと息を吐いてから吸う、というのを何回も繰り返していると、自然と腹式で呼吸ができるようになります。

山小屋に着いたらできること

眠れなくても体を休める
疲れていたり、見知らぬ人の近くで軽く緊張したり、山小屋の寝床は落ち着かないかもしれません。低酸素状態では眠りも浅くなるので、疲れているのに眠りが浅かったり、寝付きが悪くなったりしますが、寝られないと焦る必要はありません。横になって深呼吸しながらじっとしているだけでも体は少しずつ疲労から回復します。
アルコールや睡眠薬、眠くなる頭痛薬はとらない
ぐっすり寝ようと思ってお酒を飲んだり睡眠薬を取ると高山病の症状が悪化します。頭痛薬でも同様、眠くなる成分のあるものは呼吸数を減らし、血液中の酸素を減らしてしまいます。耳栓やマスク(のどの乾燥をおさえる)など、ほかにリラックスできる工夫をしましょう。

症状が出たら

それ以上高度を上げない、下山する
歩くのが辛かったり、嘔吐した場合などは、それ以上高度を上げたらさらに辛くなる事が簡単に想像できると思います。休憩して、本人と同行者を下山させる際には集合場所を確認しておくと後の心配が少ないです。富士山吉田ルートでは、8合目以上では下山道が登山道とは別にあるので、近くの山小屋で確認してから下山を開始してください。
鎮痛剤
頭痛は鎮痛剤(眠くなる成分の入っていないものが良い)でやわらげる事もできます。しかし対症療法でしかないので、酷い場合は高度を下げるのが一番効果的です。
酸素を吸う
低酸素状態は高山病の原因の1つですが、酸素吸入は症状を緩和する手段であって、酸素缶を吸い続けていたらそのまま登山を続けられるといったものではありません。大気圧の低下で体内の酸素の運搬能力が落ちているところを、吸気に酸素を増やす事で補っているだけで、残念ながらすぐに高所順応(運搬能力の回復)はしません。下山準備が整うまで、および下山中に使用すると良いでしょう。

以上、高山病に関して簡単に紹介しましたが、いつも一緒に登っている仲間でも、その人の当日のコンディションや装備などによって症状の感じ方は大きく違います。
「この人は大丈夫」や「自分は大丈夫」と思いこまなずに、充分に準備してください。
また、小学生までの子どもは頂上まで行くのも難しい上、高山病の症状が強く出る事もあり、不調をうまく伝えられないで辛い思いをする事があるので、おしゃべりしながらこまめにコンディションをチェックしてあげてください。
それでは無理しないで富士登山を楽しんで、いってらっしゃい!!

  • 高山病(低酸素症)のしくみ
  • 高山病の症状
  • 登山前に準備できること
  • 登山中にできること
  • 山小屋に着いたらできること
  • 症状が出たら