事務局ブログ

一覧にもどる一覧に戻る

2013.04.19 16:58

ふじざくら祭り

富士山吉田口登山道の中ノ茶屋周辺では、フジザクラ約2万本の群落が見頃を向かえます。マメザクラ、乙女桜ともよばれるフジザクラは少しうつむき加減に花を咲かせる可憐な桜です。20日からはふじざくら祭りとして鑑賞会やふじざくらの苗木プレゼント、桜団子販売など、やっときた春を味わうイベントが開催されます。
ふじよしだ観光振興サービス 「ふじざくら祭り」
http://www.fujiyoshida.net/forms/info/info.aspx?info_id=2043

■ アクセス ■

富士吉田口登山道の入り口でもあるこのエリア、中ノ茶屋には駐車場もありますが、足慣らしハイキングを兼ねる事もできますよ。

富士山駅から富士急の「馬返しバス」を利用して中ノ茶屋で下車。
http://bus.fujikyu.co.jp/line/jikokuhyo/34.html

「ふじざくら・ミツバツツジ」シャトルバスは富士山駅と河口湖駅の間を循環しています。
http://www.fujiyoshida.net/div/gyouji/pdf/2013shuttlebus1.pdf

少し時間はかかりますが、北口本宮浅間神社からぐるっと散策する事もできます。(3時間25分)
http://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/div/fujisan/img/miru06-04.jpg

■ みどころ ■

まずは、ふじざくらの開花状況ですが、中ノ茶屋付近では16日から咲き始め20日には見頃を向かえるようです。

歴史民族博物館は16日の時点で満開との情報。(道の駅富士吉田の向い・お車で138号線利用だと立ち寄りやすいです)ゴールデンウィークには花盛りを過ぎるかもしれないので、下記ページで開花状況をチェックしてください。

http://www.fujiyoshida.net/forms/info/info.aspx?info_id=2273

もうひとつは、リニューアルオープンの中ノ茶屋。こちらは、創建1707年という歴史あるお茶屋さんですが、ここ数年営業はしていませんでした。昨年、富士吉田市が購入し、今年からは4月27日から11月30日まで常駐スタッフがいて、無料休憩所兼観光拠点として営業するそうです。

「中ノ茶屋来月オープン 富士吉田市購入、4年ぶり再開 」(2013年3月26日)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2013/03/26/10.html

ふじざくら祭り:富士吉田であすから 「中ノ茶屋」リニューアル 29日には「胎内祭」 /山梨(2013年4月19日)
http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/m20130419ddlk19040039000c.html

昨年は世界遺産登録へむけて、五合目より下の営業していない小屋やお茶屋さん約40軒をどうすれば良いのか考え直すきっかけになりました。歴史ある文化遺産としてどう残せばいいのか、実際に廃屋化したものを多くの登山道利用者にとって安全な状態にするにはどうすればいいのか、実際的な対応が迫られた年でもありました。廃屋化していた小屋7軒は昨年秋に撤去されましたが、中ノ茶屋のようによみがえるところもある・・そしてその上、今年から下山即吉田うどんというコースが可能になるとは!!!これからの富士登山がどんな風に楽しくなっていくのかは、これまでの歴史をどう未来に繋げていくかの知恵比べによる所が大きいのかもしれません。

今年はますます吉田口登山道を下から登っていく人が増えそうです!!