事務局ブログ

一覧にもどる一覧に戻る

2015.04.07 22:33

2015年メインビジュアルを公開!

2015POSTER_resized960x682

2015年の絆フォトコンテストを飾るメインビジュアルは、NYを拠点に世界で、活躍する
LADY AIKOさんです。


■デザイン:LADY AIKO

LADY AIKO  http://www.ladyaiko.com
instagram  https://instagram.com/ladyaiko_nyc/
Facebook  https://www.facebook.com/AIKONYC

東京生まれ、90年代後半にNYへ渡る。ロバート・リキテンシュタイン、アンディー・ウォーホール、
ジャン・ミッシェル・バスキア等のアメリカンポップアートの影響を受け、99年FAILEのメンバー
として、BANKSY、シェパードフェリー、FUTURA2000 等と共にストリートアートとグラフィティーの
シーンで活動。2006年LADY AIKOとしてソロデビュー。

ポップで力強く、和と洋の混在した女性らしい作品は世界中のファンに愛されている。2012年には
キース・へリングが初めたプロジェクト、The Bowery Wall に女性初の抜擢。2013年には村上隆、
草間彌生に次ぐ日本人として3人目の現代作家としてLouis Vuittonの春夏コレクションに参加。
2014年には、伊勢丹本店・新春祭で各フロアとウインドゥディスプレイを手がける。

オリジナルアート作品はthe MACRO Future Rome Italy, Shanghai MOCA China, Brooklyn
Museum NY and PS1/MOMA, ジャパンソサエティーNY等、各地の美術館やギャラリーに展示
されている。

今回の製作の経緯(運営・北村)

11年目を迎えるにあたり新たな段階に向かう象徴的なメインビジュアルが必要だと思った私は、
NYをベースに多忙な製作活動の日々を送るアーティストのLADY AIKOさんに、無理を承知で
依頼の相談をさせて頂きました。

AIKO さんはステンシルグラフィティーアーチストとして世界中を飛び廻り、数々の作品をストリート、
ギャラリー、美術館で発表なされています。近年では草間弥生、村上隆に続き日本人として3人目の
現代作家としてLouis Vuittonのグラフィックアーチストに抜擢されたり、昨年の伊勢丹本店の新春祭
では各フロアとウインドゥディスプレイを華やかで圧巻な作品で飾るなど、日本でも徐々にその存在が
知られるようになってきました。

海外では現代の浮世絵師と紹介されるAIKOさんのステンシル作品には葛飾北斎の富嶽三十六景や
喜多川歌麿の春画のエレメントが引用されています。作品の製作では手を動かす前に、作家本人が
身体を動かし、経験、感じることが一番大事な過程だとAIKOさんはおっしゃりながら、2013年の帰国の
際に富士登山を遂行なされ、私もそれに同行案内させて頂きました。1泊2日の行程で登山、深夜に
山小屋を出発し明け方に吉田ルートの山頂に到着。そこから更に剣ケ峰まで辿り着き、日本最高地点で
御来光を迎えました。7月初旬の雨の多いシーズンにも関わらず奇跡的に晴れ渡った2日間、天空と
山々の美しさにこの上なく感動したと語ってくれました。

世界中のストリートに作品を残すAIKOさん。世界遺産である富士山のご自身が登った吉田ルートの
山小屋に、メインビジュアルを手がけたポスターが貼られる事をとても光栄に思い楽しみにしていると、
通常では難しい依頼を快諾して下さいました。こういった経緯で11年目にふさわしい素晴らしいアート
ワークがついに完成しました。